ビデオライブラリ一覧

過去に実施済みのJIIA国際フォーラムなどの動画を掲載しています。

  • ウクライナ危機と国連:その限界と可能性

    2022-06-16

    日本国際問題研究所は、2022年6月16日に公開ウェビナー「ウクライナ危機と国連:その限界と可能性」を開催しました。ウェビナーでは市川とみ子・日本国際問題研究所所長がモデレーターを務め、中満泉・国連事務次長・軍縮担当上級代表が基調講演を行いました。中満事務次長は、ウクライナ危機に対する国連システム全体の対応と努力、食料・エネルギー供給などのグローバルな影響を緩和するため取組み、安全保障・軍縮・軍備管理分野における取組みを紹介しつつ、平和な未来を確保するため、多国間主義の必要性を再認識し、すべての国連加盟国の関与を得て努力を続けていくことが重要であると訴えました。続くパネルディスカッションでは、有馬裕・外務省総合外交政策局審議官、セルギー・コルスンスキー駐日ウクライナ特命全権大使、森山毅・国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)・シニア緊急対応コーディネーターがそれぞれの視点から報告を行い、榎原美樹・NHK国際放送局World News部エグゼクティブ・ディレクターがコメントをし、ウクライナ危機を巡る国連の対応と限界、安保理改革および機能強化の必要性、ウクライナからの難民支援の現状、日本における国連の見方などについて、多角的に議論しました。視聴者からの多くの質問も受けて、活発な議論が展開されました。

  • 公開ウェビナー「ウクライナ侵攻から三ヶ⽉―国際秩序のゆくえ― 」

    2022-05-24

    日本国際問題研究所は、2022年5月24日に公開ウェビナー「ウクライナ侵攻から三ヶ⽉―国際秩序のゆくえ― 」を開催しました。ウェビナーでは遠藤乾東京⼤学教授/日本国際問題研究所客員研究員が司会を務め、ロシアによるウクライナ侵略の経過と今後の見通し、欧州諸国や米国の対応、戦争後の国際秩序とロシアの位置づけなどについて、4名のパネリストが多角的に議論しました。視聴者からの多くの質問も受けて、活発な議論が展開されました。

  • 『国際問題』ウェビナー 「国家建設の行方」を論じる

    2022-05-18

    日本国際問題研究所は、2022年5月18日、『国際問題』ウェビナー「国家建設の行方」を論じるを開催しました。
    ウェビナーでは、『国際問題』誌2022年4月号の著者がそれぞれの考察を踏まえて、執筆時以降の最新の動きや 他の執筆者の分析との関連を含めて議論し、特集テーマをさらに深く掘り下げました。

    モデレーター: 星野俊也 大阪大学 大学院国際公共政策研究科教授
    パネリスト: 篠田英朗 東京外国語大学 大学院総合国際学研究院教授
    上杉勇司 早稲田大学 国際学術院国際教養学部教授
    山尾 大 九州大学 大学院比較社会文化研究院准教授
    東 大作 上智大学グローバル教育センター教授
    西海洋志 聖学院大学 政治経済学部政治経済学科准教授

    ※本セミナーは日本語音声のみです。

  • 経済制裁の作法~失敗例からの教訓~

    2022-05-11

    日本国際問題研究所は、2022年5月11日に公開ウェビナー「経済制裁の作法~失敗例からの教訓~(発表タイトル:"How Not to Sanction")」を開催しました。講演者に経済制裁研究の世界的第一人者である米タフツ大学のダニエル・ドレズナー教授をお招きし、経済制裁の失敗事例の検証とその分析を通して導かれる教訓についてご講演頂きました。モデレーターは弊所「経済・安全保障リンケージ研究会」主査の飯田敬輔・東京大学公共政策大学院院長/教授が務めました。ドレズナー教授によるご発表を受けて、同研究会委員の杉之原真子・フェリス女学院大学教授がコメンテーターとして、同日に日本で可決成立した経済安全保障推進法に絡めたコメントや質問を行い、活発な議論が交わされました。続く視聴者との質疑応答のセッションでは、ロシアのウクライナ侵略を受けての対ロ制裁の展望や東アジアにおけるインプリケーション等の様々なトピックについて活発な議論が行われました。

  • 『国際問題』ウェビナー 『習近平体制の現状と課題』を論じる(会員限定公開)

    2022-03-15

    日本国際問題研究所は、2022年3月15日、『国際問題』ウェビナー『習近平体制の現状と課題』を論じる を開催しました。 ウェビナーでは、『国際問題』誌2022年2月号の著者がそれぞれの考察を踏まえて、執筆時以降の最新の動きや 他の執筆者の分析との関連を含めて議論し、特集テーマをさらに深く掘り下げました。

    モデレーター: 石川禎浩・京都大学人文科学研究所教授
    パネリスト: 鈴木 隆・愛知県立大学准教授
      梶谷 懐・神戸大学大学院教授
      渡辺紫乃・上智大学教授
      角南 篤・笹川平和財団理事長/政策研究大学院大学SciREXセンター長、客員教授
      及川淳子・中央大学准教授

    ※本セミナーは日本語音声のみです。

  • 第15回日本・シンガポール・シンポジウム 公開ウェビナー「地域協力における日本とシンガポールのパートナーシップ」

    2022-02-02

    日本国際問題研究所(JIIA)は、2022年1月25-26日、シンガポール国際問題研究所(SIIA)との共催で第15回日本・シンガポール・シンポジウムを実施しました。

    25日のラウンドテーブルでは、①インド太平洋地域における政治・安全保障環境の変化および日本とASEAN(東南アジア諸国連合)への含意、②地域の文脈における日本とシンガポールの二国間関係、③貿易協定含む地域経済関係について意見交換が行われました。

    26日の公開ウェビナー「地域協力における日本とシンガポールのパートナーシップ」では、共同議長を務める佐々江賢一郎・JIIA理事長およびトミー・コー・シンガポール国立大学政策研究所特別顧問/シンガポール外務省無任所大使が開会挨拶を行い、林芳正・日本国外務大臣とビビアン・バラクリシュナン・シンガポール外務大臣から基調講演(ビデオ・メッセージ)を頂きました。パネルディスカッションでは、佐々江賢一郎・JIIA理事長の司会の下、河野太郎・衆議院議員/日本・シンガポール友好促進議員連盟会長がコメンテーターを務め、菊池努・日本国際問題研究所上席客員研究員/青山学院大学教授、サイモン・テイ・シンガポール国際問題研究所理事長、片田さおり・南カルフォルニア大学教授、マニュ・バスカラン・センテニアル・アジア・アドバイザーズ社創設ディレクター兼CEOによる報告に続いて、地域の安定と平和および経済的繁栄に向けての日本とシンガポールの役割や協力の促進について、視聴者からの質問への回答を含め、活発な議論が行われました。

  • 国際問題ウェビナー「今日の外交と人権」を論じる(会員限定公開)

    2022-01-13

    日本国際問題研究所は、2022年1月13日、『国際問題』ウェビナー「今日の外交と人権」を論じる を開催しました。ウェビナーでは、『国際問題』誌2021年12月号の著者がそれぞれの考察を踏まえて、執筆時以降の最新の動きや他の執筆者の分析との関連を含めて議論し、特集テーマをさらに深く掘り下げました。

    モデレーター: 坂元茂樹・神戸大学名誉教授
    パネリスト: 吉川元・広島市立大学特任教授
      大津留(北川)智恵子・関西大学教授
      平野聡・東京大学大学院教授
      山田美和・日本貿易振興機構アジア経済研究所新領域研究センター 法・制度研究グループ長

    ※本セミナーは日本語音声のみです。

  • 12月21日 JIIA公開ウェビナー 第4回「日印インド太平洋フォーラム」(日印トラック1.5対話) 自由で開かれたインド太平洋に向けた日印関係の強化とクアッドの役割

    2022-01-06

    日本国際問題研究所(JIIA)は2021年12月21日、インドのデリー・ポリシー・グループ(DPG)との共催で、第4回「日印インド太平洋フォーラム」(日印トラック1.5対話)の公開セッション「自由で開かれたインド太平洋に向けた日印関係の強化とクアッドの役割(Enhancing Japan-India cooperation for FOIP and role of the Quad)」を開催しました。佐々江 賢一郎(日本国際問題研究所理事長)及びH.K シン (デリー・ポリシー・グループ(DPG)所長/元駐日インド大使)が共同司会を務め、林芳正外務大臣とジャイシャンカル外務大臣による基調講演(ビデオメッセージ)に続き、菊池 努・日本国際問題研究所 上席客員研究員/青山学院大学 教授、野口 泰・防衛省防衛政策局 次長、カンワルシバル・元インド外務次官及びアニル・チョプラ・元東部・西部方面海軍司令部 最高司令官/元インド沿岸警備隊 長官がインド太平洋地域における国際情勢、同地域の安定と繁栄にとっての「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」の推進とQUADを通じる協力の重要性、外交・安全保障分野での日印両国の今後の協力に関して議論しました。また、セッション終了後に、同フォーラムの結果に関する共同声明を発表しました。

    共同声明はこちら

  • JIIA公開ウェビナー「日中戦争史の再検討」

    2021-12-22

    日本国際問題研究所では、2021年12月17日に公開ウェビナー「日中戦争史の再検討」を開催しました。本ウェビナーでは、最新の研究成果を加味したご報告によって、日中戦争を包括的に見つめなおし、その実像をより立体的に描こうと試みました。

    【登壇者】
    〇モデレーター 川島真(東京大学大学院総合文化研究科教授)
    〇講演者 黄自進(台湾中央研究院近代史研究所研究員)
    波多野澄雄(アジア歴史資料センター長)
    〇ディスカッサント 岩谷將(北海道大学公共政策大学院教授)
    森靖夫(同志社大学法学部教授)
  • 国際問題ウェビナー「経済格差に揺さぶられる世界」を論じる(会員限定公開)

    2021-11-19

    日本国際問題研究所は、2021年11月19日、『国際問題』ウェビナー「経済格差に揺さぶられる世界」を論じるを開催しました。ウェビナーでは、『国際問題』誌2021年10月号の著者がそれぞれの考察を踏まえて、執筆時以降の最新の動きや他の執筆者の分析との関連を含めて議論し、特集テーマをさらに深く掘り下げました。

    モデレーター: 深川由起子・早稲田大学政治経済学術院副学術院長、教授
    パネリスト: 宮本弘曉・東京都立大学大学院経営学研究科教授
      厳善平・同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授
      有田伸・東京大学社会科学研究所教授

    ※本セミナーは日本語音声のみです。

  • JIIA公開ウェビナー「インド太平洋における欧州軍事プレゼンスの政治的意味」

    2021-11-11

    日本国際問題研究所では、2021年11月8日にZoomウェビナー「インド太平洋における欧州軍事プレゼンスの政治的意味」を開催しました。今年に入って相次いで軍艦を派遣するなど、欧州諸国がインド太平洋での軍事的プレゼンスを強化している背景やその政治的意味をどのように理解すべきか、フランス・ドイツ・英国から専門家を招き、議論を行いました。当日は多くの視聴者にご参加頂き、活発な質疑応答がなされました。

    [プログラム]  
    開会挨拶: 市川とみ子 日本国際問題研究所所長
    パネリスト: アントワーヌ・ボンダ博士 (FRS)
      アレクサンドラ・サカキ博士 (SWP)
      クレオ・パスカル氏(チャタムハウス)
    ディスカッサント: 鶴岡路人 慶應義塾大学准教授
    司会: 遠藤乾 北海道大学教授/日本国際問題研究所客員研究員
  • 竹島問題に関するウェビナー「竹島問題の本質と韓国側の主張の誤り」

    2021-11-05

    日本国際問題研究所 領土・歴史センターでは、下條正男・拓殖大学名誉教授/島根県立大学客員教授によるウェビナー「竹島問題の本質と韓国側の主張の誤り」を開催しました。

    韓国の古地図や古文献を根拠に竹島の領有権を主張する韓国側の主張の誤りについて、先生の長年の研究成果に基づくご見解を、分かりやすく解説いただきました。

  • 「【「国際防災の日」記念】防災の現在地とこれから: SDGs・気候変動の視点と日本のリーダーシップ 」

    2021-10-25

    開催日時:2021年10月19日(火)17:00 -18:30
       
    (1)開会挨拶
        市川とみ子・日本国際問題研究所所長
    (2)基調講演
      水鳥真美・国連事務総長特別代表(防災担当)兼国連防災機関長
    (3)パネルディスカッション
      根本かおる・国連広報センター所長
      石渡幹夫・東京大学大学院客員教授
      イブラヒム・ウェイス・駐日モルディブ共和国特命全権大使
      郡和子・仙台市市長
      原圭一・外務省国際協力局参事官(地球規模課題担当)
      水鳥真美・国連事務総長特別代表(防災担当)兼国連防災機関長
       
    終了しました:実施報告・ビデオはこちら
  • 国際問題ウェビナー「アメリカの政権移行と中東国際関係」を論じる(会員限定公開)

    2021-09-15

    日本国際問題研究所は、2021年9月15日、『国際問題』ウェビナー「アメリカの政権移行と中東国際関係」を開催しました。

    ウェビナーでは、『国際問題』誌2021年8月号の著者がそれぞれの考察を踏まえて、執筆時以降の最新の動きや他の執筆者の分析との関連を含めて議論し、特集テーマをさらに深く掘り下げました。

    モデレーター: 酒井 啓子・千葉大学教授
    パネリスト: 立山 良司・防衛大学校名誉教授
      堀拔 功二・日本エネルギー経済研究所中東研究センター主任研究員
      今井 宏平・日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員
      松永 泰行・東京外国語大学大学院教授

    ※本セミナーは日本語音声のみです。

  • JIIAウェビナー「中東と海洋安全保障ウェビナー」の開催

    2021-08-06

    日本国際問題研究所では、2021年8月5日、Zoomウェビナー「中東と海洋安全保障ウェビナー」を開催しました。

    エネルギー資源の9割を中東諸国に依存する日本にとって、日本からペルシア湾にいたるシーレーンならびにソマリア沖での安全保障は極めて重要であり、本ウェビナーでは、近年緊迫が続くホルムズ海峡と「アフリカの角」地域の現状について、海洋安全保障の視点から専門家が議論を行いました。

    折しも本ウェビナー開催前、オマーン沖での石油タンカー攻撃事件などが発生したこともあり、当日は多くの視聴者にご参加頂き、活発な質疑応答がなされました。

    【プログラム】(日本語・無料)
    パネリスト:
     江﨑智絵 防衛大学校准教授 「ホルムズ海峡の海洋安全保障」
     遠藤貢 東京大学教授 「『アフリカの角』地域の海洋安全保障」
    コメンテーター:
     武居智久 日本国際問題研究所客員研究員、元海上幕僚長
    司会:
     市川とみ子 日本国際問題研究所所長

  • 『20世紀の東アジア史』から21世紀を考える

    2021-07-21

    日本国際問題研究所は、2021年7月18日に公開ウェビナー「『20世紀の東アジア史』から21世紀を考える」を実施しました。

    このウェビナーは、2020年9月に東京大学出版会から刊行された『20世紀の東アジア史』に基づいたものです。

    登壇者は本書の議論の内容を概観するとともに、香港問題やミャンマーでのクーデターなど今日的な課題についても議論しました。

    【実施プログラム】

    基調講演   田中明彦(政策研究大学院大学学長/当研究所上席客員研究員)
    第1セッション   細谷雄一(モデレーター、慶應義塾大学教授/当研究所上席客員研究員)
        北岡伸一(JICA理事長)
        大庭三枝(神奈川大学教授)
        高原明生(東京大学教授/当研究所上席客員研究員)
    第2セッション   川島真(モデレーター、東京大学教授)
        波多野澄雄(アジア歴史資料センター長)
        木宮正史(東京大学教授)
        倉田徹(立教大学教授)
    第3セッション   鈴木絢女(モデレーター、同志社大学教授)
        根本敬(上智大学教授)
        相澤伸広(九州大学准教授)
        高木佑輔(政策研究大学院大学准教授)
        田村慶子(北九州市立大学教授)

    開会挨拶+基調講演

    第1セッション

    第2セッション

    第3セッション

  • 『国際問題』ウェビナー「『バイデン政権の課題』を論じる」(会員限定公開)

    2021-07-13

    日本国際問題研究所は、2021年7月13日、『国際問題』ウェビナー「『バイデン政権の課題』を論じる」を開催しました。

    ウェビナーでは、『国際問題』誌2021年6月号の著者がそれぞれの考察を踏まえて、執筆時以降の最新の動きや他の執筆者の分析との関連を含めて議論し、特集テーマをさらに深く掘り下げました。

    モデレーター: 会田弘継・関西大学客員教授
    パネリスト: 前嶋和弘・上智大学教授
      松本俊太・名城大学教授
      梅﨑透・フェリス女学院大学教授
      井上弘貴・神戸大学准教授

    ※本セミナーは日本語音声のみです。

  • 講演会「第16回「竹島の日」記念式典 下條正男拓殖大学教授講演(抜粋)」

    2021-07-06

  • 海洋法国際会議「Conference on Oceans Law & Policy: Peaceful Maritime Engagement in East Asia and the Pacific Region」

    2021-05-20

  • [イベント実施報告] ウェビナー「あらためて朝鮮戦争を考える:日本・東ドイツ・韓国・中国の観点から」

    2021-04-24

    日本国際問題研究所では「あらためて朝鮮戦争を考える:日本・東ドイツ・韓国・中国の観点から」と題するウェビナーを開催いたしました。
    朝鮮戦争は、歴史的な事象ではありますが、きわめてアクチュアルな問題でもあります。そこには、どのように朝鮮戦争を歴史的な文脈から認識し、その認識にもとづいて、いかに現在を捉え、未来を構想していくのかという問いがたたみ込まれています。この問いへの答えをめぐって、東アジアの各国間では、さまざまな相違が見られます。それは、時として国家間関係を緊張させ、外交的な対立を顕在化させる要因にさえなっております。
    本ウェビナーは、開戦から70年以上が経過した朝鮮戦争について、日本、東ドイツ、韓国、中国の観点から、最新の研究や史料収集の成果をふまえて、あらためて問いなおすことで、東アジアの<過去>を見つめつつ、私たちが暮らす世界の未来を構想しようとする試みです。 

    開催日時:2021年4月24日(土)9:00-12:00

    プログラム:    
    基調講演   小此木政夫(慶應義塾大学 名誉教授)
    司会・コメンテーター   小林聡明(日本大学 准教授)
    報告者   川喜田敦子(東京大学 准教授)
        南基正(ソウル大学 教授)
        川島真(東京大学 教授)